士業の仕事に結びつく名刺のつくり方

司法書士、行政書士、社会保険労務士、税理士など法律手続きの代行を専門にされている方にとって名刺は非常に効果的なツールとして働きます。

一般に、司法書士などの士業については、その存在を知っていても具体的にどのような仕事を依頼できるのかわからない人の方が多くいます。例えば、相続が生じた場合でも、不動産登記が必要であれば司法書士ですが、税金の相談であれば税理士となります。

また、事業の承継に伴い、許認可の承継が必要な場合には行政書士に相談する必要があります。年金については社会保険労務士が主となります。このように相続という一事をとっても、どの専門家へ相談すればいいのかわかりにくいのが通常の人の感覚です。

そのため、業務を具体的に書くことが士業にとって効率的に業務を受注できる名刺となります。例えば、相続放棄、遺産分割協議書作成など、いわば各論を具体的に書くことで相談できることがわかり受注につながりやすくなります。

名刺印刷をしている施設